東京グルメ生活エンジェルノート

東京での生活スタイルを冠婚葬祭から見直すサイト

薬剤師求人の現状について

薬剤師の急激な増員が起こっています

薬剤師は、極めて難易度の高い薬剤師国家試験を合格した薬学に関するエキスパートであり、医師等から処方された薬を調合しこれを患者に対して引き渡すという重大な業務を行うものを言います。
そして、このような職種については一般的に高待遇な条件が課されます。
もっとも、現在では、政府による政策に伴い薬剤師の増員がなされました。
もっとも、その増員は緩やかになされたのではなく、急激になされるようになりました。
その影響で、一時的に薬剤師の供給過多の状態になり、それに伴い病院でも薬剤師に対してなされていた待遇を下げ始めました。
もっとも、このような状況は一時的な現象にすぎないものであるということができます。
以下、この理由を説明いたします。

都心での薬剤師余りと地方の薬剤師不足

まず、薬剤師が供給過多となった原因は、増員された薬剤師が安定で、かつ収入が高いと目されている大都市の病院のみに希望が集中し、それに伴い大都市の病院の条件低下を行い、それに他の病院が便乗していることにあります。
もっとも、地方の病院については慢性的な薬剤師不足の状況にあります。
そのため、増員された薬剤師の需要は十分存在しているということができます。

転職がインターネット求人システムを中心に活発に行われています

そして、近年ではインターネットによる薬剤師求人システムが発達しており、薬剤師の人間が遠隔地の病院の求人にアクセスすることができるようになりました。
これにより、薬剤師の地方偏在とミスマッチの問題が徐々に解消されるようになります。
このような状態が続くことにより、低下傾向にある薬剤師の待遇も回復することが予測されます。
そのため、現在生じている薬剤師問題も一時的な現象にすぎないということができ、時間の経過とともに回復することが期待出来ます。

お仕事の常識記事一覧